読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎化粧品やスキンケアについてのメモ

クレンジングに洗顔料、化粧水や美容液について語ります。あと、知りえた正しいスキンケア情報もメモしていきます。

20代前半のエイジングケアって早いの?肌にとってよくないの?

テレビや雑誌などで目にする美魔女。40代や50代なのに、お肌はとってもきれいで透明感やハリ感があります。

 

一方、目元や口もとはシワだらけ。ほうれい線も目立つし、顔全体がたるんでいる。シミやくすみもひどくて、透明感のかけらもない40代や50代女性もいますよね。

 

どちらに憧れるかといったら、もちろん肌の美しい美魔女さんだと思います。

 

今現在は、大きな肌トラブルのない20代。でも、今から予防的にエイジングケアをしておかないと、もしかしたら残念なお肌になっちゃう?

 

この先、自分の肌にたるみやほうれい線が目立つようになると考えただけで怖い。たるみ毛穴なんて絶対に嫌だ…。

 

でも、こんな話を聞いたことがありませんか?

 

若いうちからエイジングケアをしてしまうと、お肌を甘やかせることにつながり、よけいに肌老化を進めてしまう。。。

 

シワやたるみが怖いから、早めにエイジングケアをしたい。でも、肌にとって悪影響だとしたら、それも困る。

 

実際のところ、20代前半のエイジングケアって早いの???

 

結論を言いますと、エイジングケアに早すぎることはありません。20代で始めても問題はないのですよ。

 

若いうちにエイジングケアを始めるのは良くないという意見ですが、これには科学的根拠がありません。

 

実際、若い女性がエイジングケア化粧品を使うことは、メーカー側も想定内ですし、想定して製造する必要があります。

 

そんな中でも、際立ったトラブルの報告などないわけですから、20代前半でエイジングケアが早いなんてことはないのです。

 

将来のお肌が不安で早めのエイジングケアを導入する。これはとてもいいことなんですよ。

 

 

乾燥しないビタミンC誘導体化粧水ってないの?

お肌にハリを与えたり、くすみのない透き通るような透明感を引き出す。

 

またニキビを出来にくくしたり、しつこいニキビ跡も薄くしてくれる。

 

ビタミンC誘導体は、あらゆる肌悩みを解決してくれる非常にすぐれた美容成分ですよね。

 

特に、お肌の老化を感じ始めるアラサー女性はぜひとも取り入れたいものです。

 

でも・・・

 

ビタミンC誘導体って、つけるとお肌が乾燥してゴワゴワしちゃう。

 

もしかしてあなたはそう感じていませんか?

 

せっかく美肌を求めてつけているのに、翌朝になるとお肌が乾燥してゴワつく。これでは、なんのためにビタミンC誘導体を取り入れているのかわかりませんよね。

 

とっても良い成分なのはわかるんだけど…。つけても乾燥しないビタミンC誘導体の化粧水ってないのかしら?

 

たしかにビタミンC誘導体は、お肌の乾燥を招きます。これは、ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用があるからです。

 

特に、乾燥肌の女性が使用するとたいがいはカサカサ・ごわごわしてしまいますね。

 

ではどうすればいいか?

 

ポイントになるのは、ビタミンC誘導体だけでなく、一緒に保湿成分も含まれている化粧水を選ぶことです。

 

たとえばヒアルロン酸ヒアルロン酸はお肌の表面で水分をしっかりと抱え込んでくれます。

 

このヒアルロン酸が豊富に配合されている化粧水なら、つけてもお肌は乾燥しにくくなります。

 

私が使用しているビタミンC誘導体入り化粧水は、このヒアルロン酸がなんと5種類も入っています。

 

ですから付けた後、乾燥どころかお肌はしっとりもちもち。全体的にふっくらしてキメが整うため、毛穴の開きも目立たなくなります。

 

乾燥しないビタミンC誘導体化粧水をお探しなら、保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

頬のたるみ毛穴は保湿しても改善しない…そんな女性に取り入れてほしい成分

アラフォーと呼ばれる年齢になったせいか、頬のたるみ毛穴が気になってきました。鼻に近いところの毛穴が大きく開いてしまって非常に目立つ。

 

いくらメイクをしても、リキッドファンデーションは毛穴落ちするし、パウダーファンデーションは粉ふき。いよいよ化粧では隠しきれなくなってきましたね。

 

もともとインナードライといわれる肌質なので、皮脂のテカリは前からひどく、これが毛穴の開きをより進めている原因だと思っています。

 

そのインナードライ、お肌の水分量が足りない状態なので、保湿ケアは今までも重点的に行ってきました。

 

毛穴の開きも保湿をすることで、キメが整って目立たなくなるって言うし。

 

でも・・・

 

それでも、たるみ毛穴が気になるんですよね。いろんなところで保湿保湿っていうけど、

 

頬のたるみ毛穴は、いくら保湿しても改善しないじゃないか(泣)

 

そんなお悩みをお持ちのあなた。ビタミンC誘導体を取り入れてみましょう。

 

たしかに保湿をすることで毛穴の開きは目立たなくなります。でも、たるみ毛穴や帯状毛穴は、問題がより深刻と思ってください。

 

というのは、たるみ毛穴というのは文字通り「お肌のたるみ」が引き起こすものだからです。

 

人の肌は、加齢とともにたるみます。これは、肌内部の真皮層と呼ばれるところに存在するコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった物質が、歳とともに減少してしまうからなんです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンはお肌の弾力を司っている物質ですから、ここが衰えることはたるみの発生を意味します。

 

つまり、土台にアプローチしなければ、いくら保湿したところで頬のたるみ毛穴には効果が見られないのです。

 

ビタミンC誘導体には、コラーゲンの生成を促進する作用があることがわかっています。イオン導入を組み合わせれば、たるみ毛穴にかなりの効果が期待できます。