読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基礎化粧品やスキンケアについてのメモ

クレンジングに洗顔料、化粧水や美容液について語ります。あと、知りえた正しいスキンケア情報もメモしていきます。

頬のたるみ毛穴は保湿しても改善しない…そんな女性に取り入れてほしい成分

アラフォーと呼ばれる年齢になったせいか、頬のたるみ毛穴が気になってきました。鼻に近いところの毛穴が大きく開いてしまって非常に目立つ。

 

いくらメイクをしても、リキッドファンデーションは毛穴落ちするし、パウダーファンデーションは粉ふき。いよいよ化粧では隠しきれなくなってきましたね。

 

もともとインナードライといわれる肌質なので、皮脂のテカリは前からひどく、これが毛穴の開きをより進めている原因だと思っています。

 

そのインナードライ、お肌の水分量が足りない状態なので、保湿ケアは今までも重点的に行ってきました。

 

毛穴の開きも保湿をすることで、キメが整って目立たなくなるって言うし。

 

でも・・・

 

それでも、たるみ毛穴が気になるんですよね。いろんなところで保湿保湿っていうけど、

 

頬のたるみ毛穴は、いくら保湿しても改善しないじゃないか(泣)

 

そんなお悩みをお持ちのあなた。ビタミンC誘導体を取り入れてみましょう。

 

たしかに保湿をすることで毛穴の開きは目立たなくなります。でも、たるみ毛穴や帯状毛穴は、問題がより深刻と思ってください。

 

というのは、たるみ毛穴というのは文字通り「お肌のたるみ」が引き起こすものだからです。

 

人の肌は、加齢とともにたるみます。これは、肌内部の真皮層と呼ばれるところに存在するコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった物質が、歳とともに減少してしまうからなんです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンはお肌の弾力を司っている物質ですから、ここが衰えることはたるみの発生を意味します。

 

つまり、土台にアプローチしなければ、いくら保湿したところで頬のたるみ毛穴には効果が見られないのです。

 

ビタミンC誘導体には、コラーゲンの生成を促進する作用があることがわかっています。イオン導入を組み合わせれば、たるみ毛穴にかなりの効果が期待できます。